講義内容詳細:法社会学

戻る
年度/Academic Year 2020
授業科目名/Course Title (Japanese) 法社会学
英文科目名/Course Title (English) Sociology of Law A/Sociology of Law
学期/Semester 通年 単位/Credits 4
教員名/Instructor (Japanese) 飯 考行/大橋 憲広
英文氏名/Instructor (English) II, Takayuki/OHASHI, Norihiro

講義概要/Course description
本講義では、法社会学のいくつかのトピックを取り上げ、現代の法と社会の関係を考察し、法社会学史を扱う。前半を大橋(前期科目「法社会学B」に相当)、後半を飯(後期科目「法社会学A」に相当)が担当する。
達成目標/Course objectives
法と社会について多角的視点を持つ。
履修条件(事前に履修しておくことが望ましい科目など)/Prerequisite
民法、憲法。
社会学、経済学。
ヨーロッパの市民革命以降の歴史的知識。
授業計画/Lecture plan
1
授業計画/Class 紛争処理1. (紛争に関する古典的見解と新たな見解)
事前学習/Preparation 新聞などで民事紛争を読む。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
2
授業計画/Class 紛争処理2.(法的紛争処理と非法的紛争処理)
事前学習/Preparation 身の回りの紛争について、考える。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
3
授業計画/Class 紛争処理3. (裁定型紛争処理と合意型紛争処理)
事前学習/Preparation 裁判についてイメージを持つ。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
4
授業計画/Class 紛争処理4. (現代における紛争の特徴)
事前学習/Preparation 現代型の紛争とは何かについて、考える。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
5
授業計画/Class 紛争処理5. (消費者紛争と医療紛争 -事例-)
事前学習/Preparation 医療紛争について、イメージをもつ。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
6
授業計画/Class 紛争処理6. (刑事法分野における紛争処理)  -加害者と被害者ー
事前学習/Preparation 民事紛争と刑事分野の共通性はあるか、について考えておく。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
7
授業計画/Class 法観念と法文化の比較1.(川島武宜『日本人の法意識』を読む
事前学習/Preparation 指定図書に目を通す。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
8
授業計画/Class 法観念と法文化の比較2.(外国人が見た日本の法文化Ⅰ)
事前学習/Preparation 指定図書に目を通す。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
9
授業計画/Class 法観念と法文化の比較3.(外国人が見た日本の法文化Ⅱ)
事前学習/Preparation 指定図書に目を通す
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
10
授業計画/Class 法文化と法観念の比較4. (日本文化論・日本人論と法意識)
事前学習/Preparation 指定図書に目を通す。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
11
授業計画/Class プロフェションとしての弁護士 ー弁護士倫理と懲戒制度ー
事前学習/Preparation 「弁護士職務基本規程」に目を通す。ネットで見られます。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
12
授業計画/Class 新たな弁護士の姿1. -大規模法律事務所(渉外事務所)ー
事前学習/Preparation 大規模事務所のHPを見ておく。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
13
授業計画/Class 新たな弁護士の姿2. -組織内弁護士・外国法事務弁護士-
事前学習/Preparation インハウス・ジンディクスという言葉の意味をしらべる。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
14
授業計画/Class 法社会学小史「法実証主義と概念法学」批判 ー生ける法・プラグマティズム法学ー
事前学習/Preparation エールリッヒ・ヴェーバー・「オリバー・ウエンデル・ホームズ」は、法と社会についてどのように考えていたか。
事後学習/Reviewing 授業内容をノートをもとに再確認する。
15
授業計画/Class 最後のまとめ
事前学習/Preparation これまでの講義内容を、ノートを中心に見直し、論点を整理しておく。
事後学習/Reviewing 小レポートなどで十分きなかったところや、指摘されたところ、深化させるべきところをもう一度、調べ、書いてみる。
16
授業計画/Class 法社会学のアプローチ
事前学習/Preparation 村山眞維、濱野亮『法社会学(第2版)』(有斐閣、2012) の予習講読。
事後学習/Reviewing 村山眞維、濱野亮『法社会学(第2版)』(有斐閣、2012) の復習講読。
17
授業計画/Class 立法、行政、司法と法(1)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT1 法律はどのようにつくられるのか」の予習講読。
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT1 法律はどのようにつくられるのか」の復習講読。
18
授業計画/Class 立法、行政、司法と法(2)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT2 法律は行政によってどのように運用されるのか」の予習講読
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT2 法律は行政によってどのように運用されるのか」の復習講読
19
授業計画/Class 立法、行政、司法と法(3)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT9 裁判所は違憲審査権をどのように行使しているか」の予習講読
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT9 裁判所は違憲審査権をどのように行使しているか」の復習講読
20
授業計画/Class 社会と法(1)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT10 紛争はどのように解決されるのだろうか」の予習講読
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT10 紛争はどのように解決されるのだろうか」の復習講読
21
授業計画/Class 社会と法(2)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT13 犯罪・非行はどのように処理されるか」の予習講読
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT13 犯罪・非行はどのように処理されるか」の復習講読
22
授業計画/Class 社会と法(3)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT17 法はジェンダー問題にどのように出会うか」の予習講読
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT17 法はジェンダー問題にどのように出会うか」の復習講読
23
授業計画/Class 社会と法(4)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT16 震災に法システムは応答できているのか」の予習講読
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT16 震災に法システムは応答できているのか」の復習講読
24
授業計画/Class 市民と法(1)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT11 民事訴訟にはどのような種類があって、どのように行われるのか」の予習講読
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT11 民事訴訟にはどのような種類があって、どのように行われるのか」の復習講読
25
授業計画/Class 市民と法(2)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT14 刑事手続はどのように変わりつつあるか」の予習講読
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT14 刑事手続はどのように変わりつつあるか」の復習講読
26
授業計画/Class 市民と法(3)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT15 法の使用が社会を変えるのか」の予習講読
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT15 法の使用が社会を変えるのか」の復習講読
27
授業計画/Class 実務法律家(1)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT5 弁護士はどういう活動をしているのか」の予習講読
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT5
28
授業計画/Class 実務法律家(2)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT8 裁判官はどのようにその職権を行っているか」の予習講読
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT8 裁判官はどのようにその職権を行っているか」の復習講読
29
授業計画/Class 実務法律家(3)
事前学習/Preparation 後半テキスト所収「UNIT7
事後学習/Reviewing 後半テキスト所収「UNIT7 検察官はどのように職務を行っているのか」の復習講読
30
授業計画/Class 後半のまとめと補足
事前学習/Preparation 後半の講義を受けての復習
事後学習/Reviewing 再復習
成績評価方法/Evaluation
1 レポート Report 80% 筆記試験(前期:小レポート、後期:レポート)
2 平常点 In-class Points 20% 小レポート、フリップ
教科書/Textbooks
 著者名
Author
タイトル
Title
出版社
Publisher
出版年
Published year
価格
Price
コメント
Comments
1 大橋憲広ほか 共生の法社会学 法律文化社 2600円+税 法社会学Bの教科書ですが、そのまま全部講義するわけではありません。プリントなども参照してください。
2 宮澤節生他 ブリッジブック法システム入門(第4版) 信山社 2018年 後半のテキスト
参考書/Reference books
 著者名
Author
タイトル
Title
出版社
Publisher
出版年
Published year
コメント
Comments
 
1 T..ライザー 法社会学の基礎理論 法律文化社 2012 法社会学Bの参考書です。高価ですので図書館で見てください。
メッセージ/Message
受講者と相談の上、順番を変えることがあります。

キーワード/Keywords
法と社会         紛争処理     法意識と法文化     法律家(弁護士)